2008年02月05日

韓国コスメ「アモーレパシフィック」がセカンドライフに参入

セカンドライフが熱いという情報はいろんな雑誌や会話などで良く耳にすると思います。

セカンドライフといえば、必ず出てくるのが日産自動車の車の自動販売機だと思うんですけど、いろんなニュースで取り上げられれば、それだけ、宣伝効果があったということですからね。

今回のニュースは、韓国化粧品業界の最大手の化粧品ブランド「アモーレパシフィック」がセカンドライフに参入したというニュースです。

参考:韓国化粧品、セカンドライフに参入し自社ブランドをPR

http://www.secondtimes.net/metaverse/
spot/20080205_amorepacific.html


ほかの化粧品メーカーがセカンドライフに参入しているかどうかは、現時点では不明ですけど、日本や韓国などのアジアのみでなく、当然アメリカやヨーロッパの人々がたくさん住んでいるセカンドライフだけに、韓国の化粧品メーカー「アモーレパシフィック」の宣伝効果は高いものと思われますね。

関連記事
韓国の女性の化粧品代は? 韓流の「外見至上主義」
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国化粧品業界

2007年03月02日

ミシャ人気の韓国チープコスメ販売店

日本でも若者を中心に人気のMISSHA(ミシャ)ですが、韓国内に300店舗以上、その他にニューヨーク・香港・台湾・オーストラリア・タイ・シンガポール・中国など、世界各国(約130店舗)でも販売されています。

日本でも、
渋谷(東京)
新宿三越アルコット店(東京)
横浜CIAL店(神奈川)
静岡呉服町店(静岡)
セントラルパーク店(名古屋)
大須店(名古屋)
矢場町店(名古屋)
丸栄店(名古屋)
近鉄パッセ店(名古屋)
アメリカ村店(大阪)
プロメナ神戸店(神戸)
京都三条河原町店(京都)
福岡キャナルシティOPA店(福岡)
大宮OPA店(さいたま)

などありますが、オンラインショップもありますね。

美思(ミシャ)ザウン マスク【韓方化粧品】

◇関連記事◇
化粧品「MISSHA ミシャ」大阪に直営店第1号店オープン
韓流化粧品梅田・アメリカ村などに大手2社、日本進出
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国化粧品業界

2007年02月16日

韓国の化粧品メーカーのコリアナが「ZAIN」ブランド日本販売

YonhapNews World Service - South Korea ニュースからの引用です。

化粧品のコリアナ、「ZAIN」ブランド日本販売
  2007/02/13 14:44

【ソウル】化粧品メーカーのコリアナは13日、自社のプレミアム漢方化粧品ブランド「ZAIN(姿人)」の日本販売に向け、西武百貨店と入店契約を締結したことを明らかにした。3月3日から西武百貨店渋谷店と有楽町店で販売を開始する。
 
 ZAINは2003年の国内販売開始以来、わずか4カ月で売上高100億ウォンを突破している。同社は海外進出を視野に入れて開発されたZAINを、今後は米国、欧州などの海外市場でも販売していく計画だ。


一言感想
韓国の化粧品メーカーの日本国内進出のニュースは、よく熱方利してたんですけど。
この韓国のコリアナ化粧品のプレミアム漢方化粧品という名称に驚きましたね。
漢方入りなんですよね。
西武百貨店で購入できるのは、消費者としてはありがたいですよね(^^♪



◇関連記事◇
化粧品「MISSHA ミシャ」大阪に直営店第1号店オープン
韓国化粧品業界の動向“me-tooマーケティング”激化
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国化粧品業界

2007年02月09日

化粧品の口コミ・マーケティングがあだになった会社

朝鮮日報 - South Korea(2007/2/4)の記事より引用です。

不買運動広まるエチュード化粧品
口コミ・マーケティングがあだに


 太平洋化粧品の子会社である化粧品ブランド「エチュード」の不買運動が広まっている。

 同社の社員がインターネットの会員制サークルに偽装入会し、自社製品の宣伝と他社を誹ぼうする文章を掲載したのがその理由だ。

 消費者はこれに対してエチュード商品の不買運動と公式謝罪を要求する署名活動を行っており、波紋が収まる気配がみられないという。

 10代から20代の若い女性向け化粧品であるエチュードの不買運動は、あるインターネット・サークルに引き続き掲載された宣伝文により始まった。

 化粧品情報の共有と純粋な批評のためのサークルであるにもかかわらず、ある時期になると常にエチュードの紹介や使用の感想などが掲載されているのを不審に思ったある会員の追跡により、宣伝文を掲載したのが同社の社員であることが明らかになった。

 この社員はとりわけ自社製品の宣伝だけでなく、他社の誹ぼうまで行い利用者の反感を買っている。

 エチュード側は今回の事件について会社の介入はまったくなく、インターネット上に公開の謝罪文を掲載するとともに問題の社員に対して近く懲戒処分を下すことを明らかにしている。

 しかし製品の宣伝に消費者の口コミの影響が大きい業界の性質上、会社側の指示やある程度のかかわりがあったのではとの疑惑はぬぐいきれていない。

 業界関係者によると機能性化粧品の需要は拡大しているが、効果を判断できる基準がないので企業側では今回のような変則的な「口コミ・マーケティング」に頼らざるを得ないのが実情だという。

edaily/朝鮮日報JNS


一言感想
これは、日本のニュースではなく、韓国のニュースなんですけど、日本ではどうなんでしょう?
不買運動まで、発展してしてしまうと、怖いですよね。
日本の化粧品の口コミサイトというば、言わずと知れたアットコスメだと思うんですけど。
アットコスメの場合は、このようなメーカーサイドの書き込みなどをかなり厳しくチェックしているようですね。(以前、テレビでやってました)
機能性化粧品であっても、口コミに頼らざるを得ない現代の企業のマーケティング手法の落とし穴というべきものなんでしょうか?
(^^♪


◇関連記事◇
化粧品口コミサイト最大手の悩み



posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国化粧品業界

2006年07月31日

化粧品「MISSHA ミシャ」大阪に直営店第1号店オープン

朝鮮日報 - South Korea
(2006/07/28)より引用です。

化粧品ブランド「MISSHA」、大阪に直営店オープン


 化粧品ブランド「MISSHA」を製造販売するABLE C&Cが26日、大阪に直営第1号店をオープンしたと27日伝えた。

 MISSHAは昨年、オンライン(www.misshajp.com)で初めて日本市場に進出したが、現在、今回オープンする大阪直営店を含め、計5つの店舗を運営している。既存の売り場は名古屋と仙台にそれぞれ2店ある。

 同社は直営第1号店のオープンを皮切りに、現地のエージェンシーを通すのではなく、子会社「MISSHA JAPAN」の主導のもとで市場攻略に乗り出す計画だとした。

 また、今回オープンした大阪店舗を皮切りに、年内に東京や九州にも計10の直営店をオープンする計画だ。

 一方、この日のオープンイベントには日本のメイクアップアーティストのメイク実演や、ユンソナのミニトークショーなどのイベントが行われた。

『MISSHA JAPAN』


一言感想
韓国の化粧品メーカー「ABLE C&C」の直営店が大阪にオープンして、ユンソナさんが駆けつけたというニュースです。
実は、「MISSHA」は既に既存店を名古屋や仙台に持っていたんですね。
直営というとこが、このニュースのみそですね。
(^^♪



◇関連記事◇
韓流化粧品梅田・アメリカ村などに大手2社、日本進出
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国化粧品業界

2006年07月29日

韓流化粧品梅田・アメリカ村などに大手2社、日本進出

Sankei Web(経済)ニュース
2006/07/27 より引用です。

「韓流化粧品」で美・ビっと… 大手2社、日本進出

 化粧品にも“韓流”の波−。韓国の大手化粧品メーカー2社が26日、大阪市内に直営店を開設した。テレビドラマの韓流ブームで商機到来とみたようだ。

 韓国最大の化粧品メーカー「アモーレパシフィック」は、阪急百貨店うめだ本店(大阪市)に出店した。

 日本初進出で、高麗ニンジンや茶のエキス、竹の樹液など天然成分を使っているのが特徴。3年前にニューヨーク進出を果たした。来月には伊勢丹新宿本店(東京)にも出店する予定。


 一方、大阪・西心斎橋にオープンしたのは韓国化粧品会社「MISSHA」(ミシャ)。平均600円台という低価格と多品種販売で人気を集める。26日のオープンイベントでは韓国出身のタレント、ユンソナさんが登場し、若い女性に商品をPRした。

kei033-1.jpg

超キュート!実力派プチプラコスメ『MISSHA』

一言感想
韓国の大手化粧品メーカー「アモーレパシフィック」がいよいよ日本進出なんですね。
日本人女性もチェジウさんとかユンソナさんみたいにキレイになれるかな?それにしても高麗ニンジンのエキス入りというのは少し興味があるんですけど。
みなさんはいかがですか?
(^^♪



◇関連記事◇
化粧品業界情報 韓国化粧品メーカーが日本に本格進出

posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国化粧品業界

2006年07月01日

韓国の女性の化粧品代は? 韓流の「外見至上主義」

朝日新聞(2006/06/24)より引用


韓流の「外見至上主義」

最近、韓国で化粧品を買う日本人女性が増えている。

韓国コスメを紹介する雑誌を手にホテルのロビーで話し込んだり、連れだって店を回ったりする姿がよく目につく。


 ソウルのある免税店の支配人は「韓流ブームが高じて、韓国人のようなつるつるのきれいな肌にあこがれるようになったのでしょう」と話していた。韓国人は肌がきれいだという印象を持っている日本人が多いようだ。


 確かに韓国人女性は美肌を保つため一生懸命努力する。若い頃から日傘をさし、おばさんは車を運転するとき、白い木綿の手袋をはめる。この程度は日本人でもいるが、散歩のときに顔全体を隠すサンバイザーをつけている人をたくさん見かけるのは韓国ならではだろう。


 韓国の化粧品メーカー最大手「太平洋」が3月に韓国の成人女性1800人を対象に化粧品に関するアンケートをした。これによると、化粧品にかける金額は3カ月間で20代が12万5000ウォン(約1万5000円)、30代が15万3000ウォン(約1万8000円)、40代が14万5000ウォン、50代が12万7000ウォンで、30代は平均15種類の化粧品を使うという。


 資生堂の調べによれば、日本人女性は平均月額6500円というから、両国の所得格差を考慮すると韓国人女性の使いぶりはずいぶん派手だ。なるほど、化粧品市場で世界一激しい角逐の場と言われるだけのことはある。


 さらに今年は「童顔ブーム」が市場を勢いづかせている。今年初め放送のテレビ番組「全国童顔選抜大会」が火付け役。春からある番組で「童顔クラブ」というコーナーも始まり、同年代のタレントの老け具合を比べ、老化を防ぐ方法などを伝授している。エイジレスの外見がもてはやされ始めた。


 これまでも韓国ではナイスバディを「モムチャン」、イケメンや美人を「オルチャン」と呼び、外見至上主義が強い。韓流を追いかけるのもほどほどに。



一言感想
「韓流」ブームと「韓国の女性が化粧品にかける金額など」に関するニュースです。
韓国コスメが日本に本格上陸したというニュースの背景には、こんなこともあるんですね。
韓国の女性は美に関する意識が非常に強くて、美容整形なども日本より普及しているそうですね(^_^)
それにしても「童顔ブーム」ってきてるんですね。
(^^♪



関連記事

韓国化粧品業界の動向“me-tooマーケティング”激化

化粧品業界コスメニューストップはこちら
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(7) | 韓国化粧品業界

2006年05月25日

化粧品の賞味期限(流通期限)は?

innolife.net(韓国情報発信基地)より、引用、


化粧品の流通期限!!
 
 化粧品はしばらく使わないで化粧台に放置される場合がかなり多い。他の製品と同じく、化粧品も一定期間が経てばいたむようになって、変質した化粧品は機能が弱化して、さらにはお肌のトラブルの原因にもなったりする。

 汚染された化粧品は、お肌に細菌感染を起こして皮膚炎を発生させ、敏感なお肌の場合はもっとひどい症状が現われる。


 化粧品の種類によって有効期間が違うが、大部分は開封後1年以内に全て使った方が良い。

 スキンは特に流通期間が短くて、6ケ月を越さないのが安全だ。化粧品が変質すれば、共通的に沈殿物が生じて水とオイル成分が分解する現象を見せる。このような現象が現われれば、その製品は直ちに使用を中断するのが望ましい。


 化粧品は直射日光に露出しないようにして、化粧水や栄養クリームなどは冷蔵庫に保管する場合は冷蔵室に保管した方が良く、反対に30度以上の高温で放置する場合も変質しやすい。


 清潔じゃない手で化粧品の内容物を触るのも変質の原因だ。化粧品を触る時は手をきれいに洗って、できるだけ綿棒やコットンを使う方が良く、化粧道具も清潔にしなければならない。



一言感想
韓国情報発信基地からの引用です。
化粧品の賞味期限についてです。
防腐剤 うんぬん もあるんですけど、やはり、
お肌に直接つけるものだけに、成分が痛んでいるという
のは最悪ですよね。
でも、ついつい、残っていると、捨てるのはもったいない
気がしちゃうんですよね(^^♪



posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国化粧品業界

2006年05月19日

韓国化粧品業界の動向“me-tooマーケティング”激化

Livedoor News 海外ニュース
 朝鮮日報(2006年05月18日)より引用、

 韓国化粧品業界、“me-tooマーケティング”激化

 化粧品業界の1,2位を争うライバル社の神経戦が最近、白熱しています。


 まず、韓国1位の化粧品会社である太平洋のホ・ジェヨン(マーケティング・コミュニケーションチーム長)氏は、「(ライバル社の)LG生活健康“me-too(よく売れる製品をまねること)マーケティング”が深刻だ」と理由を説明します。

 太平洋はLG生活健康が太平洋の人気漢方化粧品「雪花秀(ソルファス)」の高級クリームをまねてme-tooマーケティングを本格的に始めたと主張します。

雪花秀が高級化粧クリームとエッセンスを限定版でまず販売すると、LG生活健康もこれに追随して高級漢方化粧品クリームを限定販売したというのです。


 太平洋はまた、他のme-too製品として自社のコンパクト(化粧品)である「スライディング パクト」とLG生活健康の「モイスチャー パクト」を挙げています。

「スライディング パクト」は携帯電話のスライド式携帯のようにコンパクトの蓋を押して開け、蓋の外側に鏡が付いています。


 ホ・ジェヨン氏は「業界でme-tooマーケティングが横行しているのは今に始まったことではないが、CMやモデルまでme-too作戦でいくのは深刻」と主張します。

LG生活健康が16日、太平洋のモデルだったイ・ヨンエを自社モデルに起用すると発表したことに対する発言です。

また、太平洋は自社の化粧品CMにチン・ジヒョンを起用してモノクロCM(2月)をオンエアすると、LG生活健康も毛髪製品のCMにやはりチョン・ジヒョンを起用し、モノクロCM(3月)をオンエアしたと主張します。


 これに対し、LG生活健康のイ・ジョンウォン広告部長は「高級クリームはプレミアムマーケティングから商品として出したもので、太平洋の高級クリームとは関係ない。

『モイスチャー パクト』もLG電子のチョコレートスライディングフォンからアイデアを得たもの。モノクロ広告は1月から準備してきたもので、他社とは関係ない」と釈明しています。

LG生活健康も「イ・ヨンエはアジア進出のために起用した」とし「マネしているなんて、とんでもない」と一蹴しました。


一言感想
あまり、とりあげることのない韓国の化粧品業界のニュースです。
「me-tooマーケティング」が激化しているようですね。
商品まねたら、CMくらいオリジナルでいけよ!
とは思うんですけど、どうなんでしょ!
(^^♪
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(3) | 韓国化粧品業界

2006年04月17日

(韓国中央日報)人の胎盤原料にした化粧品製造禁じる(2007年より)

中央日報 - South Korea(2006.04.13より)

来年から人の胎盤原料にした化粧品製造禁じる

来年から人の胎盤(プラセンタ)を加えた化粧品の製造が禁止される。

食品医薬品安全庁は12日、胎盤やその抽出物の安全性を保障できないうえ、ウイルス感染も懸念されるとして、こうした方針を決めた。

ただし、これまで副作用の事例が報告されておらず、様々なプラセンタ配合の化粧品がすでに販売されていることから、年末まで猶予期間を与えることにした。


一言感想
お隣韓国の代表的な新聞である中央日報のサイトからです。
知らなかったんですが、人のプラセンタ(胎盤)を原料にした
化粧品ってあるんですね。
(T_T)/~~~


posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国化粧品業界
⇒ラブコスメの詳細はこちら

自宅で簡単エステ!
 ★女優小林ひとみさんも愛用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。