2007年03月20日

生臭さを抑えたスッポンの化粧品「エターナルレスキュー」

[日経産業新聞/2007.03.15新製品ニュース]より引用です。

バーネット、生臭さを抑えたスッポン原料の化粧品

 バイオベンチャーのバーネット・インターナショナル(大阪市、東信治社長、06・6464・2161)は、スッポンの内臓から抽出したオイルを使った化粧品を開発・発売した。ドコサヘキサエン酸(DHA)などを含んでおり、他の天然成分と組み合わせて特有の生臭さをなくした。

 新製品は美容液「エターナルレスキュー」。木や花、かんきつ類の香り成分と調合し、生臭さを抑えてほのかな紅茶の香りに仕上げた。スッポンの内臓を原料にした化粧品は珍しいという。DHAのほかビタミンEやリノール酸、エイコサペンタエン酸(EPA)など、肌の老化抑制や保湿などの美容効果があるとみられる成分が多い。

 1本30グラム入りで1万2000円。料理でも使われず廃棄する肝臓などを中心に低価格で仕入れ、1本で2匹分の内臓から取ったオイルを使う。他社へのOEM(相手先ブランドによる生産)供給を含め、3年後で10億円の売り上げを目指す。


一言感想
すっぽんの化粧品は肌によいということです。
そもそも、スッポンというとどうしても、滋養強壮のイメージが強くて、男性向けドリンクとか、サプリメントなどの健康食品に使用されるケースが多かったと思います。
このすっぽん美容液「エターネルレスキュー」は、すっぽん独特の生臭さを極力、排除したという特長がある化粧品のようです。
興味はありありです!
(^^♪



美容成分すっぽんオイル配合の美容液クリームエターナルレスキュー★送料無料★



◇関連記事◇
食品が原料の基礎化粧品(豆乳、酒、米)など人気

もずく(モズク)の化粧品・サプリって
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2007年02月27日

食品が原料の基礎化粧品(豆乳、酒、米)など人気

産経新聞(2007/02/25 09:57)

食コスメ人気 自然・安全志向が後押し

 酒にコメ、ブドウ、豆乳…。こうした食品やその副生成物を素材にした基礎化粧品が話題となっている。化粧品メーカー各社は保湿や「美白」などの効果をアピールしており、中には大ヒット商品に成長したものもある。製品に対する安心・安全志向の高まりなども、こうした“食コスメ”の人気を後押ししているようだ。

 ワインメーカーのメルシャンは昨年、化粧品製造のセレヴィーナ(東京都中央区)などと合弁会社「葡萄(ぶどう)ラボ」を立ち上げ、化粧品事業に本格参入した。

 メルシャンが素材に選んだのはブドウの樹液である発芽水。「ブドウ栽培を営む農家の女性たちの間で『幻の美肌水』と言い伝えられていた」(セレヴィーナ企画開発担当の津久井裕子さん)素材を、メルシャンの研究員が10年間研究した。

 発芽水にはメラニンの生成を抑える美白効果のほか、コラーゲンを作ったり、肌を若返らせる働きがあるという。これを配合したのが「uva(ウーヴァ)スキンケアシリーズ」(2625〜8925円)。メーク落としや化粧水、抗加齢効果のある美容クリームも30〜50歳代の女性に人気という。

 食物由来の化粧品ブームのきっかけは「お酒」。清酒大手の日本盛(兵庫県西宮市)の「米ぬか美人」シリーズは、肌の潤いと美白効果をPR。月桂冠(京都市伏見区)の「モイストムーン」シリーズも保湿効果を前面に押し出した。




 酒の原料といえばお米。ファッション誌に登場する女性モデルの一部で話題となり、人気に火がついたのが「ライスフォース」シリーズ。東証1部上場の通販会社・イマージュの子会社、アイム(香川県国分寺町)が手掛ける商品だ。

 化粧水や美容液などの基礎化粧品からなる主力の「青のシリーズ」に配合されている「ライスパワーNo.11エキス」は、お米のエキスに酵母や乳酸菌を混ぜて90日間発酵・熟成させたもので、肌の水分保持力を改善する成分として厚生労働省から認可を受けた。価格は8400〜10500円とやや高めで通信販売限定だが、「昨年9月までに累計200万本を売り上げた」(同社)という。

 ダリヤ(名古屋市中区)の「豆乳スキンケア」シリーズは、大豆に含まれるイソフラボンがコラーゲンの生成を促す効果に着目。ノエビアの子会社、常盤薬品工業(大阪市中央区)が販売している「蜂潤肌(ほうじゅんき)」には健康食品として知られる生ローヤルゼリーを配合した。肌の内側から弾力を与えて毛穴を目立たなくするという。

 こうした基礎化粧品では、少量ずつ詰め合わせた「トライアルキット」が用意されているものもあり、「とりあえず試してみたい」という人におすすめだ。


yahooビューティ通販コスメ部門
化粧水1位になったライスフォース、深層保湿トライアルキットもありますね。
「お肌の水分保持能を改善する」と認められた「ライスパワーNo.11エキス」を配合した、大人気のスーパーモイスチュア(青のNo.11)シリーズのトライアルキット。
使用後でも返品OK!代金は全額返金、返送料は無料です。

ライスフォース


一言感想
食コスメというもので、最近確かに、日本酒の製造メーカーが基礎化粧品を製造・販売している広告を見たことがあったんですけど、評判になっているようですね。
メルシャンの葡萄ラボについては、本ブログでも取り上げたことがあるんですけど、日本酒、米、ワイン、豆乳、生ローヤルゼリーといろいろありますね。
ブームのきっかけはお酒といのも、なんとなくおもしろいですよね。
食の安全が、求められている昨今ですけど、肌に直接つける化粧品も安全・安心が第一であることは、間違いないですからね。
(^^♪



◇関連記事◇
メルシャン、セレヴィーナなどと化粧品開発・販売会社「葡萄ラボ」を設立


posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年06月30日

セルフ化粧品、低価格で急成長 ドラッグストア化粧品シェア

フジサンケイ ビジネスアイ
FujiSankei Business i. (2006/6/28)より引用

セルフ化粧品、低価格で急成長 国内大手も本格てこ入れ


 ドラッグストアなどで売られる低価格メーキャップ化粧品の市場が活性化してきた。

 消費者の低価格志向や店舗急増の影響で、メーク全体の販売数量の6割を占めるまでに成長。

 外資や中小メーカーが強い分野だが、国内大手も本格的なてこ入れに乗り出し始めた。

 こうした低価格品は店員の説明を受けず自由に棚から選んで買えるため、「セルフ化粧品」と呼ばれる。

 価格帯は1000円台が中心だが、口紅1本300円程度という激安ブランドもある。

 資生堂の調べでは2004年度までの4年間に市場が5%拡大し、全体の伸び(2%)を上回った。

 中でも店頭で目立つのは「メイベリン」「レブロン」などの外資ブランド。国内系も中小メーカーのブランドが多数乱立し、激戦区になっている。

 この動きに刺激され、大手もセルフ分野に本腰を入れ始めた。カネボウ化粧品は2月に同社で3つ目のセルフ化粧品「ラヴーシュカ」を発売。

コーセーも米社から低価格ブランド「リンメル」の輸入・製造販売権を取得し、9月から展開を始める計画だ。

 さらに、首位の資生堂も「有望市場のセルフ分野でトップを狙う」(前田新造社長)として、8月に大型ブランド「インテグレート」を発売する。初年度20億円という破格の宣伝費を投入し、市場を席巻したい考えだ。


一言感想
「セルフ化粧品」の状況に関するニュースです。
低価格志向とかドラッグストアの店舗急増とか、様々な要因に
より、セルフ化粧品市場は伸びているんですね。
安くても良い物はやはり消費者に受け入れられているんですね。
資生堂の「インテグレート」は宣伝費20億円を投入するとのこと
で今から、楽しみです。
(^^♪  



関連記事

セルフ化粧品、低価格で急成長 国内大手も本格てこ入れ

化粧品業界コスメニューストップはこちら 
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

キュービック埼玉県産繭の化粧品を官民共同で商品化

日本経済新聞【関東】地域経済ニュース(2006/06/28)より引用


埼玉県産繭を使った化粧品を官民共同で商品化

 化粧品原材料を卸販売するキュービック(埼玉県坂戸市、潮田晴輝社長)は埼玉県農林総合研究センター、大日本蚕糸会蚕糸科学研究所(東京・新宿)と共同で、県産の有効成分を配合した化粧品を開発し、販売を始めた。

絹たんぱく質を豊富に含む「いろどり」という銘柄の繭が主原料で、肌の保湿効果が高いという。


 「いろどり」は1995年に県の旧蚕業試験場が開発した繭で、枯れたササの葉のような黄色みを帯びた糸が特徴。秩父地方で限定生産しており、05年度の生産量は約550キログラムだった。

 キュービックなどの官民の3者は共同で化粧品への応用を研究し、2年がかりで商品化にこぎ着けた。「いろどり」はたんぱく質の1種のセリシンを通常の繭より多く含んでおり、肌の保湿力を高めるほか、シミの原因となる紫外線を吸収するなどの効能がある。ササ色の色素分には抗酸化作用の強いフラボノールも含まれ、肌の老化防止につながるという。


一言感想
前にも取り上げさせていただいた内容のニュースです。
官民共同のプロジェクトは成功するんでしょうか?
埼玉県としては繭を使うことにより、養蚕業の衰退にも
歯止めをかけたいという意向があるんですね。
この化粧品には全く罪はありませんが、
なんとなくあの「かいこ」は苦手です。
(^^♪  



関連記事

繭「いろどり」から化粧品,保湿や抗酸化作用スキンケア

化粧品業界コスメニューストップはこちら



posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年06月29日

産毛を抑制する化粧品開発 ガブルス・ジャパン

神戸新聞(2006/06/27)より引用

産毛を抑制 ガブルス・ジャパン、化粧品開発

 簡易マッサージ店や女性向けのエステティックサロンを全国で運営しているガブルス・ジャパン(神戸市中央区)は、七月に化粧品市場に参入する。

 第一弾の化粧水を九店舗で販売。九月からはインターネット上でも売り出す。三年後には五種類程度に増やし、美しさを追求する企業としてのブランド作りを進める。

 商品名は「リヴォーン」。女性の顔そりが中心の同社店舗と同じ名称にした。

 大阪の化粧品メーカーが同社ブランドで生産し店舗専用に使っている基礎化粧品を、市場に投入する。

 七月に売り出す化粧水は、産毛の成長を抑制するとされる大豆エキスを配合している。

 今後は産毛処理に重点を置いた製品開発を進める。顔用クリームやリップクリームなどもそろえる。

 同社は一九九四年設立。エステティックサロン九店舗を百貨店内などに出店するほか、マッサージ店など計三十四店舗を近畿や首都圏、九州などに出している。二〇〇八年三月期までの株式上場を目指している。



一言感想
「産毛を抑制する化粧品」というのもおもしろいですね。
産毛は個人差があるようにも思えますけど、女性の顔そりメニュー
があるというガルブス・ジャパンならではの着眼点ですよね。
大豆エキスに産毛の成長を抑える成分が含まれているんですね。
(^^♪



関連記事

繭「いろどり」から化粧品,保湿や抗酸化作用スキンケア

化粧品業界コスメニューストップはこちら
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年06月19日

繭「いろどり」から化粧品,保湿や抗酸化作用スキンケア

埼玉新聞2006年6月17日(土)より、

埼玉県産の繭から化粧品
保湿や抗酸化作用が特徴


 埼玉県産の繭「いろどり」に含まれるたんぱく質「セリシン」を配合した化粧品「HEARTILY(ハーチュリー)」を県農林総合研究センター(秩父市)などが共同開発、このほど販売を始めた。

肌を保湿する効果や抗酸化作用があるという。

国産生糸の需要が輸入品に押されるなかで「成分に着目して商品を作った」(県生産振興課)としている。

 同化粧品は美容液「アクアシルキーエッセンス」とゲルクリーム「アクアシルキーゲル」の二種類。

 開発には大日本蚕糸会蚕糸科学研究所と坂戸市内の化粧品開発会社が参加。

いろどりの繭糸の外側を取り囲んでいるセリシンを抽出。二年掛かりで完成させた。

 セリシンには天然保湿因子のセリンやペプチド、フラボノールなども含むといい、両商品にそれぞれ約6%配合されている。

 いろどりは一九九五年に育成された県独自のカイコの品種で、特に秩父地域で生産される。生糸にするとこしが強く、濃色の発色に深みが出るのが特徴という。県は本年度の生産量を約二千四百キログラムと見込んでいる。いろどりを使った商品としては、トランクスやふんどし、キャミソール、化粧石けんなどが既に開発、販売されている

 美容液は一本三十三ミリリットル入り、ゲルクリームが三十三グラム入りでともに七千三百五十円(税込み)。ほかにトライアルセット(五千円)もある。販売は電話申し込みのみ

 販売の問い合わせはコスメファーム(電話049・288・5660)へ。

参考引用記事
 埼玉Web




関連記事
キハギに含まれるポリフェノールに美白効果

タデ藍抽出液から化粧品原料を開発
 
サケの筋子の膜から化粧品原料 ペプチド採取
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(2) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年06月13日

ノエビアグループ常盤薬品、化粧品ブランド「サナ」から「サナ玉の湯」を発売

日経プレスリリース(2006/06/08)より引用


常盤薬品、化粧品ブランド「サナ」から「サナ玉の湯」を発売
つるつる美人肌になれる!天然温泉水配合のスキンケアシリーズ登場
サナ玉の湯(全3品)

2006年8月21日発売


 2006年8月21日、ノエビアグループの常盤薬品工業株式会社は、『サナ玉の湯』を化粧品ブランド「サナ」から発売いたします。

サナ玉の湯の写真


サナ玉の湯洗顔石けん
サナ玉の湯化粧水
サナ玉の湯クリーム


 昨今、都心にも続々と温泉施設が登場したりなど、身軽に行ける温泉が大ブーム。この度は天然温泉水に含まれる整肌保湿成分に注目しました。


【特長】
1)「伊賀の国大山田温泉(三重県伊賀市)の源泉を使用
ぬるぬるとした独特の湯ざわりで、お肌がつるつるになると地元でも人気の名湯です。

2)「美人湯で親しまれ“つるつる肌”を実感できるアルカリ重曹泉を配合
アルカリ重曹泉は、角質をやわらげ、お肌にうるおいを与えてつるつるにします。


販売店: バラエティショップ・ドラッグストア・量販店等


一言感想
天然温泉の保湿成分といったある意味ありきたりのような気が
しますけど、(失礼)。
新商品発売のニュースです。
伊賀の国大山田温泉の源泉といことですけど。
温泉はやはりいいですよね。
(^^♪




参考記事
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=132856&lindID=4

「サナ」から「舞妓はんの眉墨(まゆずみ)」を発売(常盤薬品、化粧品ブランド)
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(1) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年06月07日

化粧品大手2社(資生堂,カネボウ)の秋用メーキャップは「エレガント」がテーマ

日経産業新聞(6月6日)より引用、


化粧品大手2社、秋用メーキャップ「エレガント」がテーマ

 大手化粧品メーカー2社は5日、秋向けのメーキャップ商品を発表した。資生堂は人気ブランド「マキアージュ」の口紅などを7月21日に発売。

 カネボウ化粧品は「テスティモ」ブランドのまゆ用パウダーなどを8月16日に発売する。

 どちらも「エレガント」がテーマで、秋らしい深みのある色味をそろえた。

 資生堂はまず、口紅や目元用化粧品と化粧用具の10品種を発売。口紅はワインレッドなど秋らしい色をそろえた。いずれもノープリントプライスで、参考小売価格は315―3675円。
 8月21日にファンデーションなどや化粧道具を8品種を発売する。価格は630―4200円。粉末を非常に細かくしたことで、なめらかな仕上がりになるという。

 カネボウ化粧品の中心商品はまゆとアイライナーが1つのコンパクトに入った「カービングバランスパウダー」。3色の色を重ねることで、立体感があるアーチ型のまゆにできる。目元用化粧品、マニキュア、口紅も販売する。価格は945―3360円。

カービングバランスパウダー



一言感想
秋向けのメーキャップ品の大手2社新商品発表後のニュースです。
どちらも、「エレガント」がテーマということです。
「マキアージュ」も「テスティモ」も勢いがありますからね。
注目です。発売日が楽しみでーす(^^♪ 




参考記事
  化粧品大手2社、秋用メーキャップ「エレガント」がテーマ
 
  カネボウ化粧品 花王とのシナジー効果(相乗効果)着々と

  資生堂2006年経営方針、美容部員評価に顧客の声・化粧品営業を改革



posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年06月05日

肌の状態改善 毛穴対策化粧品を各社新発売

FujiSankei Business i. 2006/6/5
フジサンケイ ビジネスアイ ニュースより引用、

 顔の毛穴を目立たせず、滑らかな肌に導く基礎化粧品が続々登場している。

 これまでは、粘着シートなどで黒ずみの原因となる角栓(角質と呼ばれる皮膚表面の死んだ細胞が詰まった状態)を取り除く製品が主流だった。

 今春から、肌の状態の改善を狙ったタイプが発売され、品ぞろえが豊富になってきた。


 コーセーは5月に、毛穴対応美容液「ポア セラム」を発売した。「毛穴周りの角質を柔らかくし、気になる毛穴を目立たなくした」

 ポーラ化粧品は、「アシストワン シーバムケア」。
 毛穴に詰まった角質をやさしく溶かし出す洗浄料「シーバムケアクレンズ」(3675円)。

 もう1つは、角層(死んだ表皮細胞が層に重なったもの)に働きかけるとともに、過剰な皮脂を抑えて角栓をケアする美容液「シーバムケアエッセンス」(5250円)の2種類だ。

 シーバムケアは、毛穴の目立たない肌に整えるのが“ウリ”。

 変わり種では、フォーティウィンクスが4月から本格販売を開始した「&LOVE」シリーズ。

 「生体内の内分泌腺で生成されるホルモンを、天然のアロマで刺激する。安らぎ感や、精神安定時などに分泌されるホルモンを活性化させ、肌や毛穴を20代前半の状態に戻す仕組み」という。

 日本ロレアルも、7月に「ビオテルム」ブランドで毛穴ケア商品を発売する予定
 
 コーセーが昨年、実施した「一般消費者の意識調査」によると、20〜24歳、30〜34歳で、肌で気になる部分の第2位に毛穴が入った。



一言感想
毛穴ケア基礎化粧品が化粧品各社から、新発売されるという
フジサンケイ ビジネスアイからの引用です。
確かに、キレいな肌の条件として、肌の毛穴が目立たないというのは、ありますもんね。
各社、それぞれ、特徴のある新商品があるので、選択肢がいろいろ
と広がって、自分に合う商品をセレクトできそうですね。(^^♪ 



参考記事
 肌改善で毛穴対策 各社が相次ぎ基礎化粧品
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(1) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年05月30日

浜田翔子&浅木一華が化粧品CM

朝日新聞より引用、
asahi.com > 文化芸能 > 日刊スポーツ芸能ニュース


浜田翔子&浅木一華がDHC化粧品の新イメージキャラクターに起用


 人気アイドルの浜田翔子(20)と、雑誌「セブンティーン」の専属モデル浅木一華(19)が、DHC化粧品の新イメージキャラクターに起用され、6月1日からテレビCMに登場する。

 
 DHCのキャラクターは、所属事務所の先輩藤崎奈々子と山川恵里佳も務めており、浜田と浅木は「DHCの商品は安く買えるし、中学のころから使っていました。こうしてCMに出られるなんて夢のようです」と声をそろえていた。


一言感想
浜田翔子&浅木一華がDHC化粧品の新イメージキャラクターに
起用されたというニュースですね。
DHCのテレビCMはすごく放映されるので、目立ちますよね。
(^_^)



浜田翔子さんはこちら


浅木一華さんはこちら
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年05月18日

奥尻湧水の化粧品「しまのじぇる」好評

北海道新聞(2006/05/18)より、引用

奥尻湧水、化粧品に 「しまのじぇる」好評 

 【奥尻】奥尻観光(桧山管内奥尻町)は、神威山のわき水と補酵素のコエンザイムQ10などを配合した保湿化粧品「しまのじぇるを発売した。顔やひじなどの古い角質をはがすように簡単に取り除くことができ、肌がしっとりするため土産物として買い求める人が多い。

 島の西部にある神威山中腹からは、年間を通じて約6度と水温が変わらない湧水(ゆうすい)が出ている。同社はアミカ化粧品(東京)に委託し、この天然水にコエンザイムQ10などを配合したジェル状の化粧品を製造。4月下旬から売り出したところ、「多い日には100本以上も売れる」ほど、好調なヒット商品になっている。

 120ミリリットル入りで、価格は2100円。同社が経営する湯ノ浜温泉ホテル緑館のほか、奥尻空港売店などで販売。問い合わせは同社(電)01397・3・2191へ。



一言感想
奥尻の湧き水の化粧品、大変、好評というニュースです。
お土産(プレゼント)としての購入か、自分で使うもの
としての購入か?どっちが、多いんでしょうかね(^^♪


posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年05月11日

コーセーの前期、純利益6%増・高級品が好調

日本経済新聞 企業ニュース(2006/05/11)より、

コーセーの前期、純利益6%増・高級品が好調

 コーセーが10日発表した2006年3月期の連結決算は純利益が前の期比6%増の99億円だった。主力の化粧品事業が高級品を中心に好調。円安による為替差益も利益を押し上げた。

 売上高は5%増の1778億円。高級化粧品ブランド「アルビオン」のスキンケア商品などが順調だった。海外でも台湾を中心に化粧品が伸びた。営業利益は5%増の195億円だった。

 07年3月期は売上高が前期比4%増の1858億円、純利益は2%増の102億円を見込む。「高級品が引き続き好調に推移する」(石倉伸治取締役)とみている。


一言感想
コーセーの企業業績のニュースです。
すばらしく好調なんですね。(^^♪
「アルビオン」売れてるんですね。

posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(1) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年05月08日

ノエビア化粧品初の路面店 福岡天神にオープン

天神経済新聞(2006/05/02)より、

大名にノエビア化粧品の路面店


 ノエビア化粧品の販売会社、アルシオ(大名2)は4月21日、ノエビア福岡天神店(大名2、TEL 092-752-5691)をオープンした。同店は、一般の顧客向けの路面店としてはノエビア化粧品初となるもので、店舗面積18坪の店内は、ノエビアの自然派化粧品をイメージした緑と白を基調に、フェイシァルエステやパーソナルメイクスペースやデコルテルームを設けたサロン形式になっている。ノエビアはこれまで、代理店スタッフが個人宅を訪問して化粧品を試供するサービス中心に展開してきたが、2005年9月よりブログ販売を開始したこともあり、顧客が商品を試用でき、顧客とスタッフが気軽に会話できる場として、路面店の可能性を探ってきたという。店頭では、ノエビア商品の販売を行うほか、商品を使ったフェイシァルエステ(3,150円〜)やメイクアップ講座(90分=4,200円)を予約制で行っている。客単価は15,000円〜20,000円。営業時間は11時〜20時。


一言感想
福岡の天神のニュースを中心に配信している天神経済新聞
からの引用です。
ノエビア化粧品は訪問販売を中心に展開されていますけど、
全国初の一般顧客の路面店が福岡天神大名にオープンした
とのことです。
記事中に2005年9月より、インターネット販売ではなく、
ブログ販売というのが、なんとなく興味わきました。(^^♪
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年04月12日

マツキヨ(ドラッグストア マツモトキヨシ)、医薬品や化粧品のPBを販売

日本経済新聞(2006/04/11)より、

マツキヨ、医薬品や化粧品のPBを販売

 ドラッグストア最大手のマツモトキヨシは6月、医薬品や化粧品を対象にした自主企画(PB)製品「MKセレクション」を売り出す。統一ブランド名を前面に打ち出したPBの販売は同社で初めて。医薬品、化粧品の国内中堅メーカーに生産を委託し、収益率を高める狙い。ドラッグストア業界では価格競争の激化に対応するためPB製品を導入する動きが広がっている。最大手の参入でPB製品の販売合戦が加速しそうだ。

 「MKセレクション」は風邪薬、胃腸薬など医薬品分野から順次販売を始める。現在、生産委託先となる国内中堅メーカーと交渉を詰めている。基礎化粧品なども含めて年内にも200品目に増やす予定。価格帯は「特売せず、大手メーカー製品と同等か、やや安い水準」を想定している。例えば風邪薬の場合、30錠入りで1500円程度になる見通し。


一言感想
マツキヨのPB商品のネーミングも「MKセレクション」
というそうですけど、なかなかグーですね。
特売しないとなると、利益率高そう!(^^♪
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年03月31日

「Yakult Beautiens(ヤクルト ビューティエンス)」に名称変更(ヤクルト)

日経プレスリリース(2006/03/30)より、

ヤクルト、化粧品事業のブランドを4月から「Yakult Beautiens」に変更

ヤクルト化粧品の事業ブランドを「Yakult Beautiens(ヤクルト ビューティエンス)」に変更


 株式会社ヤクルト本社(社長 堀 澄也)では、化粧品事業のブランド価値をより強力に伝えるために、化粧品事業のブランド「Yakult Cosmetics(ヤクルト コスメティックス)」を「Yakult Beautiens(ヤクルト ビューティエンス)」に4月1日から変更します。
 Beautiensとは、「Beauty(美)+ens(本質)」からの造語で、本質的な肌の美しさ"素肌美"を追求していくという当社化粧品事業の基本姿勢を表現しています。

 当社の化粧品研究は、ヤクルトの容器がガラス瓶だった頃、瓶を洗う女性たちの手がとても美しかったことをきっかけにスタートし、乳酸菌研究で培った研究開発力を化粧品に応用することで、基礎化粧品を中心に機能性と安全性を追及した製品づくりを行っています。
 当社は今後も、新事業ブランド「Yakult Beautiens」のもと、肌本来の働きをよみがえらせて美しい素肌へと導く乳酸菌生まれの化粧品の研究開発を続け、「乳酸菌のチカラを、素肌のチカラに。」をスローガンに、化粧品事業をより一層拡大していきます。

 「乳酸菌のチカラを、素肌のチカラに。」


以   上


〔お客さまのお問合せ先〕
 ヤクルトお客さま相談センター
 (フリーダイヤル)0120―11(イイ)―8960(ヤクルト)


一言感想
ヤクルト化粧品の呼び名が変わるんですね。
Beautiens(ビューティエンス)
なかなか気に入りました。
いいんじゃない!
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年03月22日

ファンケル、肌をなめらかに整える無添加化粧品「ファンケルボディパウダー[ローズ]」を数量限定発売

日経プレスリリース(2006/03/20より)

ファンケル、肌をなめらかに整える無添加化粧品「ファンケルボディパウダー[ローズ]」を数量限定発売

ほのかに香るうっとりパウダーで、至福のボディケア

ファンケル ボディパウダー[ローズ]

数量限定新発売


 株式会社ファンケル(本社:横浜市中区、代表取締役社長執行役員:藤原謙次)では、2006年5月19日(金)に、ほのかにノバラエキス(保湿成分)の香りを漂わせながら肌をなめらかに整える無添加化粧品(*)「ファンケルボディパウダー[ローズ]」を、通信販売及びファンケル直営店舗において数量限定で新発売いたします。
 * ファンケルの「無添加化粧品」とは、防腐剤・殺菌剤・石油系界面活性剤・香料・鉱物油を一切使っていない化粧品のことを言います。

 初夏の陽射しがまぶしいこの時期は気温も上昇して、少し動いただけでも汗ばみ、肌がベタつきがちな時期になります。
 「ファンケルボディパウダー[ローズ]」は、さらさらの気持ち良いパウダーで肌のベタつきを解消して、うるおいを与えながらなめらかな肌に仕上げるボディパウダーです。
 初夏から夏にかけてすべすべ肌を実現しながら、ほのかに香るノバラエキス(保湿成分)の香りでボディケアタイムをお楽しみ頂けます。


[ 商品特長 ]
●ベタつきの原因となる汗や皮脂を吸着して、長時間肌をサラサラに仕上げます。
●肌の内側の乾燥にアプローチして、植物由来の保湿成分(ノバラエキス、スイートマジョラムエキス)がうるおいを与え、肌をなめらかに整えます。
●パウダーの使用感にありがちなカサつきがなく、シルクのようななめらかなパウダーが肌をやさしく包みます。
●保湿成分のノバラエキスがほのかに香って、楽しみながらお手入れ頂けます。
●肌が敏感な方も安心してお使い頂ける独自の安全基準FSSに準じています
●ボリューム感がある肌触りの良いパフ付き。

[ 成分説明 ]
【ノバラエキス】:角層に水分を与え、うるおいを保つ
 ノバラとは、南米をはじめヨーロッパやアジアに生息する野生のバラの一種。糖質、アミノ酸を含有するとともに、肌にとって有効なビタミン類を多く含んでいます。また、皮脂成分の1つであり、バリア機能低下による乾燥を防ぐ「γーリノレン酸」を多く含有しています。

【スイートマジョラムエキス】:肌の奥のうるおい保持成分ヒアルロン酸の合成を高める
 スイートマジョラムとは、地中海沿岸や西アジアの乾燥地帯に分布する植物。乾燥地帯でも水分を保つため、植物内の水分保持成分の合成を高める力を身につけているといわれています。

「読者のお問合せ先」
0120(35)2222(料金無料・フリーダイヤル)


fncl.JPG

一言感想
ファンケルの数量限定発売品ですね。
バラの香りはたしかに癒されますもんね。
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年03月14日

マツモトキヨシ(マツキヨ)、新形態のドラッグストアを地下鉄駅構内に開店

nikkeibp.jp(2006年03月13日 18時46分より)

マツモトキヨシ、新形態のドラッグストアを地下鉄駅構内に開店

 マツモトキヨシは3月27日に、東京メトロ丸ノ内線の西新宿駅構内で、新たなドラッグストアをオープンする。同社が3月13日に明らかにしたもの。従来店舗と比べ狭小な店舗スペースに、医薬品/サプリメント/菓子/化粧品など幅広い商品を取り揃えるのが特徴。薬局としての専門性も生かし、顧客の相談に応えるサービスも提供する。東京メトロの進める駅構内の利便性向上施策「EKIBEN」に賛同、直営店舗として営業する。

 店舗の名称は「COS-MEDI Station メトロピア西新宿店」。20〜30歳代の女性をはじめ、学生、サラリーマンなどの利用を見込む。

 医薬品は駅構内で緊急に必要となるものを中心に、健康管理向けの商品などを用意。サプリメントはダイエットや内面美容など、20歳〜30歳代の女性のあいだで話題性の高い商品を提供する。

 菓子は新商品の発売の多いポケット菓子に加え、輸入菓子などを配置してバラエティを持たせる。化粧品はスキンケア関連の商品を多く揃え、メイク関連は駅構内での用途にしぼった商品を用意する。なお薬局として顧客の相談に応じるサービスは5月に開始する予定。

一言感想
マツキヨの新業態店舗です。
「COS-MEDI Station」というネーミング
気に入りました。(^^♪
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | 女性化粧品

2006年03月13日

化粧品売り場に男性美容部員「イケメン」助言で納得 

朝日新聞(2006年03月11日11時25分)より、


「イケメン」助言で納得 化粧品売り場に男性美容部員

 黒いスーツで身を固めた男性の美容部員の姿が、百貨店などの化粧品売り場で目を引くようになった。お客に化粧品の使い方を助言するだけでなく、実際にメークすることもある。女性が圧倒的に多い職業。男性美容部員を好む女性客の声が、増加の背景にある。

 最大手の資生堂で男性美容部員を採用し始めたのは00年。現在は28人いる。総勢約1万人の中では微々たる勢力だが、「応募が増えれば採用も増やす」という。多くの店舗では男性向け化粧品も売っており、男性客が訪れやすい雰囲気作りも念頭にある。

 カネボウ化粧品は百貨店専用ブランド「RMK」などを展開する子会社に30人の男性美容部員がいる。米ボビイブラウンは全体の約2割を占める32人が男性だ。「男性の視線を意識して化粧する女性は多い。男性に勧められると、説得力を感じる女性も少なくない」という。


一言感想
これも「男女雇用機会均等法」のなせるワザですか?
なんて?
イケメンはいいけど、意外と「おねえキャラ」だったりするんですよね。

posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品

2006年03月07日

妊婦向けにボディ用薬用化粧品「バルーンマッサージクリーム」を発売(カネボウ薬品)

日経プレスリリース(2006/03/02より)、

カネボウ薬品、妊婦向けにボディ用薬用化粧品「バルーンマッサージクリーム」を発売

もうすぐママになるあなたへ

ボディ用薬用化粧品
『バルーンマッサージクリーム』新発売
〜毎日のマッサージでふっくらハリのある肌に〜


 当社薬品事業本部は、妊婦にもお使い頂ける薬用化粧品『バルーンマッサージクリーム』(ボディ用)<100g・税込2,800円・医薬部外品>を3月3日から、全国の医療機関(産科、婦人科中心)を通じて発売します。

 妊娠中の女性は体型が急に変化します。そして「妊娠線は作りたくない、きれいな肌を守りたい」と思っています。『バルーンマッサージクリーム』は妊娠中の女性にもお使いいただけるよう、より低刺激性を追求して設計された商品です。妊娠中は匂いだけでなく肌も敏感になりますので、肌に刺激のあると思われる成分をできるだけ除いています。そのため、無香料、無着色、無鉱物油で、保存料パラベンを使用していません。トウキ、シャクヤク、ナツメなどの植物エキスや、オリーブ油を配合。有効成分として、γ−オリザノール(肌のキメを整える保湿成分)とグリチルリチン酸ジカリウムも配合しています。角質層までたっぷりうるおいが浸透し、乾燥や肌荒れを防いで、ふっくらやわらか、ハリのある肌に整えます。

 『バルーンマッサージクリーム』は、幸せがふくらむイメージをバルーン(風船)にたとえ、お腹を赤ちゃんとともにクリームでやさしく包み込みマッサージすることで、赤ちゃんとの対話の時間を大切に過ごしていただくことをイメージして命名しました。

 本品は、全国の産婦人科医療機関を通じて、販売いたします。詳細は下記の通りです。

  記

1.商品名
 「バルーンマッサージクリーム」

2.商品特長
 1)低刺激でパラベンフリー
 2)肌にうるおいを与える植物エキス(トウキ、シャクヤク、ナツメ)とオリーブ油配合
 3)肌のキメを整える成分γ−オリザノール配合
 4)雑菌混入を防ぐため、チューブの口に逆戻りを防ぐ逆止弁を採用

3.発売日
 2006年3月3日  全国の医療機関(産科、婦人科中心)を通じて販売

4.販売計画
 1億円(発売1年間・上代価格売上)



<お問い合せ先>
カネボウ(株) 総務・広報部    03−5446−3042


<お客さま商品問い合わせ先>
カネボウ薬品 くすり相談窓口  03−5446−3334
(受付時間 10:00〜17:00 土、日、祝日を除く)

<ご参考>
妊娠線とは・・・妊娠中は女性の体型が急に変化するため、皮膚に大きな負担がかかります。その結果、皮膚の組織がダメージを受け、お腹や太ももなどに赤紫の線が現れることがあります。皮膚の血行や、保湿性を良くすることを目的として、クリームを用いたマッサージケアも試みられています。

0124736_01.jpg


一言感想
医療機関で発売されるんですね。
いかにも効果ありそうですよね。(^^♪
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(1) | TrackBack(5) | 女性化粧品

もずく(モズク)の化粧品・サプリって

沖縄タイムス(経済ニュース 2006年3月2日(木) 朝刊13面 より)

 モズク製品製造販売のシーズ(浦添市、前田すえこ社長)と岡山理科大学の浜田博喜教授が1日、2004年度の県産学官共同研究開発推進事業の採択を受け、開発した化粧品とサプリメントを発表した。細胞を活性化するなどの作用があるモズク生まれの成分「フコイダン」を「包接化」「配糖化」の技術で品質を安定させ、水に溶けやすく、生体に吸収しやすくして配合したのが特徴。

 美容クリーム「WHITE FULL(ホワイトフル)」(30グラム、1万5750円)は、県産のモズクから抽出し、包接化、配糖化したフコイダンと、抗酸化作用を持つナノレベルの物質「フラーレン」を配合し、紫外線から肌を守る効果を高めた。

 健康補助食品の「プラチナフコイダン」(400粒、1万2600円)は、フコイダンと沖縄県産のガジュツ(紫ウコン)を配合した。

 東京都の東急ハンズ渋谷店でキャンペーン販売のほか、通信販売や県内では薬局での店頭販売も行う。中国上海での展開を狙っている。

 初年度の売り上げ目標は「ホワイト」が月300本、年2520万円、「プラチナ」が月500本、年3780万円。

 前田社長は「モズクを世界に発信する夢に近づいてきた」と喜んだ。浜田教授は「今後も沖縄の商品発展のために付加価値をつけていきたい」と意気込んだ。

 同事業は01年の開始以来75件が採択され、11品目が事業化している。


一言感想
「もずく」って体によさそうですもんね。
「フコイダン」もインパクトがあってグーですよね。
posted by 化粧品業界コスメニュース | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性化粧品
⇒ラブコスメの詳細はこちら

自宅で簡単エステ!
 ★女優小林ひとみさんも愛用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。